フェイスシェーバーで産毛を処理

フェイスシェ―バーを使って顔の産毛を処理されている方も多いと思います。
最近では剃刀よりもこちらを使用される方のほうが多いように感じます。

 

その理由はいくつかあります。

 

まずはどこでも産毛処理ができるという点です。

 

フェイスシェーバー本体は非常にコンパクトサイズでマスカラとほぼ同じくらいの大きさです。
化粧ポーチにも余裕で入れられますので毎日持ち歩いて産毛が気になったときにすぐに処理できます。

 

クリームなどを塗る手間もいりません。

 

剃刀で産毛を処理すると肌へのダメージが大きいのでクリームなどの油分で肌を保護する必要があります。
シェーバーは肌への負担がそれほどでもないので事前にクリーム等で肌を保護する必要もありません。
それなので剃刀負けを防ぐこともできます。
どんなに肌が丈夫な方でも剃刀負けを起こすことが多いのですが、シェーバーの場合はそういった炎症も起こりにくいのです。
肌が弱いという方でも安心して使っていただけます。失敗が少ないです。
剃刀で処理すると場合によっては顔に傷を作ってしまうこともあります。
女性の場合は顔に傷があるとそれだけで気になって仕方がないと思います。剃刀で起こりがちなトラブルが起こりにくいのです。

 

眉毛も整えることが出来ます。

 

最近のフェイスシェーバーには眉毛を整える専用ヘッドがついているために細かい部分でも楽に処理ができるようになっているのです。
眉毛だけでなく小鼻の横部分など細かくて通常のシェーバーのヘッドでは処理しづらい部分にも使えるのできれいに産毛が処理できます。

 

脱毛サロンに通うほどではない場合、剃刀よりもフェイス用のシェーバーを使って自己処理するようにしましょう。

フェイスシェーバーで産毛を処理する関連ページ

剃刀で剃る
産毛を絡め取る
自己処理の頻度