剃刀で顔の産毛のムダ毛処理は危険!

剃刀で自分で剃るのは肌を傷める原因

顔の産毛を自分で処理するとしたらどうやって処理しますか?

 

剃刀で処理するという方も多いと思います。
日本では昔から剃刀で産毛を処理する方法が一般的でしたのでそのようにして現在も処理されている方も多いのです。
それで処理するメリットは産毛だけでなく古い角質も一緒に除去できるという点です。
肌には本来古い角質を自ら除去する機能があるのですが、それが上手くいかないと肌がくすんだりといった肌トラブルが起こる原因となってしまいます。

 

剃刀で処理をすると産毛だけでなく余分な角質も落としてくれますので肌の新陳代謝が促され肌がきれいになるのです。
但しその分肌に受ける刺激が大きいのが難点です。
処理した後に剃刀負けを起こしてしまう方も多く肌が炎症を起こしやすくなっているので注意が必要です。

 

そこで剃刀で処理するときの注意点について知っておきましょう。

 

まず剃る際は必ず乳液やクリームで肌を保護しながら剃りましょう。
中には男性のシェービングクリームのように石鹸の泡を付ける方もいらっしゃいますがそれでは肌への保護作用が不十分です。
油分の多いクリームなどのほうが肌を保護するのに優れていますので剃刀負けを防ぐことができます。
にきびなどの肌トラブルが起こっている部分は炎症が強いために避けて処理するようにしましょう。
また上手に剃るコツは産毛の流れに沿って剃ることです。

 

きれいに処理しようと思って毛の流れに逆らって剃る方がいらっしゃいますが、それが却って肌を痛めてしまう原因となるのです。

剃刀で顔の産毛のムダ毛処理は危険!正しい自己処理の方法関連ページ

フェイスシェーバー
産毛を絡め取る
自己処理の頻度