顔の産毛の働き

顔に産毛が生えている意味と働き

最近では女性だけでなく男性もムダ毛を気にされる方が増えていると聞きます。
自分の全身の毛を見てみると、なぜこんなところに毛が生えているのだろうと不思議に思った事はありませんか?
それらは全て必要だから存在するのです。人間は全身に毛が生えていますがやはりそれぞれ役割があるのです。

 

例えば体に生えている毛です。学校の社会科の教科書等で昔の人類を見たことがあるでしょう。
その頃の人類は猿のように全身に毛が生えていました。それは洋服等で肌を保護する知識がなかったからだと考えられます。
進化の過程で外部の刺激から保護したり、寒さから身を守るためには濃い毛が必要だったのです。

 

顔もよく見てみるとうっすらと毛が生えています。
男性の場合はひげとして濃く現れているのですが、女性は間近でみないとわからないくらい薄い産毛が生えています。
この産毛にももちろんちゃんとした役割があるのです。まずは肌を外部の刺激から守ります。
洋服等で肌を保護することはできたとしても顔まで隠すことはできません。
それなので顔は一年中外部からの刺激を最も受けやすい場所なのです。例えばほこりや紫外線です。
これらを直接受けることで様々なダメージを受けるのですが産毛の存在がそれを軽減させてくれるのです。
保温効果もあります
冬場の寒い時に顔の皮膚が冷えないように産毛が温めてくれるのです。肌の保湿効果もあります。
肌は乾燥や風などにより水分が抜けやすくなっています。産毛は水分の蒸発を和らげる効果もあるのです。

顔の産毛の役割とは−顔脱毛する前に関連ページ

顔の産毛を気にする人は多い!
顔脱毛中に日焼けはNGって本当?
顔脱毛をしている間の日焼けは禁物!